お墓と納骨堂のそれぞれの違いとメリットを知っておく

数珠を持っている手

納骨堂の相場

金色の仏壇

お墓は手間や費用などいろいろとかかるものです。納骨堂ではそう言った手入れの手間は必要なく料金もお墓に比べると低価格で東京のいろんな場所で納骨をすることができます。ではお墓と納骨堂は費用にどのくらいの差が出るのでしょうか。

23区内全域的に

仏壇

納骨堂は東京都内全域的に施設があるため全ての利用者様が通いやすく、さらに清潔に保てることで近年人気が出ています。そしてお墓まで遠く足が遠のくこともほとんどありませんので利用にはお勧めです。

納骨堂選びのポイント

喪服の女性

納骨堂選びにはポイントがあります。どこでも構わないと言う姿勢はやめておきましょう。折角大切な人を納骨するのであれば管理体制などしっかりした場所で利用したいですよね。

お墓と納骨堂

遺骨を持っている男性

お墓と納骨堂

最近東京の都会を中心に納骨堂という言葉を聞くかもしれませんが、しかしお墓と納骨堂ってどう違うのかといわれると分からないと答える人は少なくないと思います。
そこでまずはお墓と納骨堂の違いを知っておきましょう。
まずお墓は遺骨を土に埋めて供養する形になりますが、納骨堂に関しては遺骨を保存するために預ける場所と覚えておくといいかもしれません。納骨堂にはさまざまな種類があります。ロッカーのような低料金で利用出来るものや、それぞれの仏壇が列になって並べられているものなどがあります。そしてメリットとしてはお墓よりも料金は抑えられるといったところでしょう。お葬式などでも結構な料金がかかり、お墓にかけるお金がなく立地が悪く遠い場所へお墓を立てたことによって参拝の頻度が減り、足が遠のいてしまい、お墓周辺が荒れ果ててしまうことなどが避けることができます。しかしお墓のように自由にいつでも参拝できるわけではありませんので、この点に関しては注意が必要になります。
しかし簡易的に思える納骨堂ですが、施設も綺麗で納骨される場所としては綺麗に保てて、通いやすい場所に納骨出来るといったところでは大きなメリットとなることでしょう。さらに今後子孫の方々がお墓の手入れをすると言った大変な手間もなくなる部分でも人気なポイントと言えます。今後お亡くなりになった人たちを供養する際に今後のお手入れなどのアフターケア面でも判断基準にするといいでしょう。